「千歳市の思い出」
3月22日に私は、サケの稚魚を放流しに北海道へ行きました。「サケのふるさと千歳水族館」に到着して、たくさんの方々に拍手で歓迎された時は,緊張しましたが、しっかり報告しようと思いました。
まず,集会の前に「サケ・ますふ化場」を見学しました。そこではサケとますの両方を発眼卵から育てていました。サケの実際の模型を持ってみると、とても重かったです。そして、サケの第一回目の放流をしました。勢いよく千歳川へ向かう稚魚の姿が印象に残りました。
次に、「サケの放流集会」では祝梅小学校を含む三つの小学校の方が来ていました。北海道の三つの小学校の生徒児童の人たちの報告を聞くと、サケを大切に思うことや,一生懸命育てたいという気持ちは,岡山の小学校と同じなんだと思いました。集会が終わって、みんなが育ててきた稚魚を放流しました。私たちが一生懸命育てたサケがいなくなってさみしいけど、元気に大きく育ってこの千歳川に帰ってきてほしいです。
全てのサケの稚魚を放流した後に「サケのふるさと千歳水族館」の館内を見てまわりました。ドクターフィッシュやししゃもの稚魚などのたくさんの魚たちを見ることができました。また,こいのエサやりも体験することができました。そして、三つの小学校の方ともふれあうことができて楽しかったです。 千歳中央ライオンズクラブの方々や西大寺ライオンズクラブの方々には、たいへんお世話になりました。この経験を通して、自然の生命のすばらしさを考えることができました。


思い出の綴りの最新記事